明日ちゃんのセーラー服

明日ちゃんのセーラー服

2016年より「となりのヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の『明日ちゃんのセーラー服』。 俊英・博が柔らかなタッチで細やかに、そして大胆に描く表現が話題を呼ぶ。 コミックス第1巻は発売前に重版が決定、品切れが続出するなど大きな反響を生み出している。 そして2022年、待望のTVアニメーション化が決定。 監督を務めるのは、『アイドルマスター SideM』監督や『空の青さを知る人よ』演出などを手がけてきた黒木美幸。 制作は、数々のヒット作を世に送り出しているCloverWorksが担当する。 実力派スタッフにより、緑豊かな田園風景が色づき、少女たちの青春の日々が動いていく。 ヒロイン・明日小路に抜擢されたのは、本作が初主演となる声優・村上まなつ。 小路の“初めて”をリアルに表現し、アニメーションに命を吹き込む。 この青春は、かけがえない記憶。 そして今日も、また明日も続いていく― あなたもきっと、明日ちゃんを応援したくなる。

作画が1枚絵としてもものすごく綺麗なのにアニメーションでも手を抜かないところが 流石CloverWorks。雰囲気はよくある学園青春物なのだけど他作品とは違う明日ちゃんならではの日常の尊さを味わえる。

ストーリー・作品情報

第1話「あこがれのセーラー服」

母親・ユワの母校である蠟梅学園中等部に入学が決まった明日小路。憧れのアイドル・福元幹がセーラー服を着ていた事から、いつか自分もセーラー服を着たいと夢見ていた。
ユワが仕立てた真新しいセーラー服に袖を通し、ついにドキドキの入学式。「友達いっぱいできるかな」と、期待に胸を躍らせる小路だが、周りを見渡せばブレザーの生徒ばかり。学園指定の制服は、かつてのセーラー服からブレザーに変わっていたのだ……。

第2話「また明日」

初めての自己紹介。初めての給食。同級生のいない小学校時代を送っていた小路にとって、全てが新鮮で、楽しい事ばかり。
同じ班の木崎江利花、兎原透子、古城智乃と机を囲んで給食を食べる小路。そんな中、校内放送から聴こえてきたのは福元幹の曲だった。小路が幹に憧れている事を知った透子は、リップを手渡し、小路にミュージックビデオの幹の真似をしてほしいと頼むが……。

第3話「部活はもう決めた?」

50m走でクラストップの成績を納めた小路に、運動部からの勧誘が殺到する。しかし、やりたい事が多い小路は、どの部活に入るべきなのか悩んでいた。
ひょんなことから、クラス一の秀才である谷川景と連絡先を交換する小路。景もまた、部活選びに悩んでいたのだ。
なかなか答えが見つからない小路は、すでに文芸部に決めたという智乃と一緒に部活見学に周る事に。小路が選んだ部活とは……。

第4話「私のイメージ?」

写真部に所属した景から誘いを受け、写真のモデルを引き受ける事になった小路。
さっそく撮影に挑むが、景は「自分のイメージする小路の姿とは少し違う」と、話す。それもそのはず、小路のポーズはどれも福元幹の真似事だった。「私のイメージってなんだろう?」と、思い悩む小路だが、とある事がきっかけで透子たちの下宿先である『満月寮』に行く事に。透子の作ったお菓子に感動する小路。透子に教わり、挑戦してみるが……。

第5話「いっぱい知りたいなって」

大熊実は虫や動物に詳しく、研究ノートをつけるほど、生き物に興味がある女の子。その興味はクラスメートである小路にもひっそりと向けられていた。小路も田舎育ちで生き物に詳しく、興味がある事はメモを取る。共通点があると知った実は、小路と一緒にクラスメートを観察する事に。生き物観察には隠密能力が大切だと謳う実だが、校内で唯一セーラー服を着ている小路は、隠密には不向き。目立つ存在だったのだ……。

キャスト

原作:博(「となりのヤングジャンプ」集英社刊)
監督:黒木美幸
出演:村上まなつ、雨宮天、鬼頭明里、若山詩音、関根明良、石上静香、石川由依、麻倉もも、田所あずさ、伊藤美来
キャラクターデザイン:河野恵美
シリーズ構成・脚本:山崎莉乃
サブキャラクターデザイン:川上大志、安野将人
総作画監督:河野恵美、川上大志、安野将人
美術設定:塩澤良憲
美術監督:薄井久代、守安靖尚
色彩設計:横田明日香
公開日:2022年01月08日
製作年:2021年
製作国:日本

【動画】【動画】

タイトルとURLをコピーしました