宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-

白色彗星帝国との戦いから三年──。滅びに瀕したガミラス民族を救うべく、新たな母星の探索を続けていたデスラー総統は、天の川銀河の一画に条件に見合う星を見出す。が、そこは、強大な星間国家の領域内であった。銀河で勃発した領土紛争は、ガミラスと安全保障条約を結ぶ地球を否応なく巻き込んでゆく。地球に軍事的・経済的優位性をもたらしてくれた時間断層という魔法は、自分たちの命と引き替えに消滅してしまった──自責の念に駆られながらも、ヤマト新艦長の任についた古代進は、来るべき有事に備えて新クルーらと共に訓練航海に旅立つ。その中に、自分をつけ狙う何者かが紛れ込んでいるとも知らずに。かつてない不安の時代に、新たなる旅立ちの時を迎えるヤマト。その行く手では、想像を絶する新たな敵が待ち構えていた……。

宇宙戦艦ヤマトリメイクシリーズ劇場版2作目の前半パート。
宇宙戦艦ヤマトリブート最新作!遂に新たなる旅立ちの登場ですね。彗星帝国ガトランティス戦役を乗り越えた地球、ガミラス。時間断層と引き換えに高次元宇宙より帰還したヤマトと古代、森雪。そしてデスラー。

デスラー艦隊は遂に新たな故郷となるガルマン星を発見した。青き肌、青き血を持つ同族が住むその星は巨大な星間国家ボラー連邦に虐げられた植民惑星だった。交渉虚しく、戦闘に突入し惑星を開放したデスラーだったが…その前にデザリアムの魔の手がガミラス、イスカンダルへと迫る。古代を新艦長に迎えヤマトは新乗組員を訓練しながら、イスカンダル、ガミラスへとの親善航海のさなかにあった…。

美しい。ヤマトにあった誰がために命と尊厳を賭して戦う姿の美しさが帰ってきました。前作の様な複雑さ、主義主張ばかりが先に走り、ヤマトとしての熱さを消してしまう展開でなく、シンプルにその美しき世界が描かれています。

キャスト

監督:安田賢司
声優:小野大輔、桑島法子、大塚芳忠、山寺宏一、井上喜久子、チョー、畠中祐、村中知、岡本信彦、羽多野渉、森永千才、伊東健人、天田益男、黒田崇矢
制作:西崎彰司
脚本:福井晴敏、岡秀樹
原作:西崎義展
音楽:宮川彬良、宮川泰
主題歌/挿入歌:平原綾香
製作年:2021年
製作国:日本

【動画】

タイトルとURLをコピーしました