ギレルモ・デル・トロのピノッキオ

ギレルモ・デル・トロのピノッキオ

悲しみに暮れる木彫師ゼペットの心を癒やすため、木で作られた操り人形に、魔法のように命が吹き込まれる。いたずら好きでわがままなピノッキオのこの世に居場所を求める冒険が始まった。

人形の造形、脚本、撮影、編集、演技、すべて洗練されていて、とても楽しく観れる素晴らしい作品。
ギレルモ・デル・トロは原作に絶妙な脚色を施すことで、これまでの監督作品に込められていたテーマを見事に表現したと思う。『シェイプ・オブ・ウォーター』のストリックランドが体現していた「有害な男らしさ」とそれを持つ彼らもまた被害者であるというテーマを、ファシスト政権下イタリアの市長と息子、カーニバルの団長と手下のサルの関係でもう一度さらに深く描いている。また、社会の規範から外れ迫害される者たちへの愛ある眼差しに溢れた描写もまた健在である。
 さらに、ピノッキオに死ねないという設定を足すことで、「死」とは何か、「生」とは何か、という問いを投げかける。ラストに語られる「起きるべきことが起き誰もがこの世を去るのだ」というナレーションとエンドロールで流れるコオロギの歌が素晴らしく、同じ日に観た『すずめの戸締り』のモヤモヤを痛快に吹き飛ばしてくれた。

キャスト

監督:ギレルモ・デル・トロ、マーク・グスタフソン
出演:グレゴリー・マン、ユアン・マクレガー、デヴィッド・ブラッドリー、ティルダ・スウィントン、クリストフ・ヴァルツ、フィン・ウルフハード、ケイト・ブランシェット、ロン・パールマン
脚本:ギレルモ・デル・トロ、パ トリック・マクヘイル
原題:Pinocchio
上映日:2022年11月25日
製作年:2022年
製作国:アメリカ、フランス
時間:117分

【動画】

タイトルとURLをコピーしました