大豆田とわ子と三人の元夫

大豆田とわ子と三人の元夫

大豆田とわ子はこれまでに人生で三度結婚し、三度離婚している。「あの人、バツ3なんだって」「きっと人間的に問題があるんでしょうね」 そしゃ確かに、人間的に問題がないとは言わない。だけど問題のない人間なんているのだろうか。 離婚はひとりで出来るものではなく、二人でするものなのだ。協力者があってのバツ3なのだ。 そして今もまだ、大豆田とわ子は三人の元夫たちに振り回されている。何かとトラブルを持ち込んでくるのだ。 どうやらみんな大豆田とわ子のことが好きで嫌いなのだ。 果たして、四人はそれぞれの幸せを見つけることができるのか?

大豆田とわこは全てにおいて愛情深い。
娘にも部下にも元夫達にも。
こんな女性いたらそりゃモテますよね。しかも外見は松たか子さんなんだもの。
って思えるのも松たか子さんの演技あってのこと。この一見おしゃれに聞こえるセリフを普通にこなすのって大変だろうなって思う。
よくよく聞いたら歯の浮くようなセリフが脚本の坂元さんの持ち味なのだと思うのだけど、このドラマの出演者の皆さんは違和感なく演技されていて、とても面白く切なくでも晴れ晴れとした気分で見終えることができた。

どの夫も魅力的だけど、それぞれちょっと面倒くさいとこがあるのが味噌なんだろうな。だから離婚してるんだろうし。
このドラマの男性の登場人物の中ではオダギリジョーさん演じる小鳥遊さんが1番魅力的だったな。
とわこのスタイリングもお部屋も何もかもおしゃれで久しぶりに日本のドラマでこういうの見たなって嬉しくなった。
もっとこういう大人向けのラブコメも作って欲しい。

ストーリー・作品情報

第1話「3回結婚して3回離婚した。でも私は幸せを諦めない」

建設会社・しろくまハウジングの社長に就任した大豆田とわ子はバツ3女性。ある日、亡くなった母親のパソコンを開こうとしたとわ子は、パスワードが設定されていることから、別れた夫の誰かが設定したと思い…。

第2話「明かされる離婚の秘密と男の本音」

どんなに煙たがられてもめげることなく、とわ子に近づこうとする鹿太郎に、慎森はうらやましさを感じていた。一方、鹿太郎は仕事で出会った女優の古木美怜から自宅に招かれ、何やらいい雰囲気になっていく。

第3話「全俺が泣いた~器が小さい男の恋」

とわ子の部下で、優秀な若手建築士の仲島登火が大学図書館の設計を手掛ける。とわ子はデザインは素晴らしいと思ったが、採算度外視のその案を不採用とする。一方、とわ子に未練がある鹿太郎だが美怜も気になり…。

第4話「嘘と嘘が絡み合う二人の三角関係」

とわ子の30年来の親友・かごめと、とわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者の五条の間を取り持とうとするとわ子だが、かごめはある秘密を抱えているようだった。一方、早良は八作に猛烈に迫り…。

第5話「前編完結へ~四度目のプロポーズ」

唄が開業医の息子である彼氏と18歳になったら結婚すると宣言し、とわ子は困惑。後日、かごめに相談してみたものの、いつしか話題は八作との離婚のことに。しろくまハウジングでは華やかな仕事が舞い込み…。

第6話「第一章完結・全員集合地獄の餃子パーティー」

とわ子の誕生日の夜、取引先に向かった彼女との連絡が途絶えた。とわ子の誕生日を祝うために集まっていた八作、鹿太郎、慎森は彼女の身を案じる。そんななか、八作たちは元義父の旺介から呼び出しがかかる。

第7話「第2章スタート!最後の恋のはじまりは突然に」

高校に進学した唄が、通学しやすい旺介の家に引っ越したため、とわ子はひとり暮らしに。そんななか、とわ子はしろくまハウジングのオーナーが外資系ファンドに会社の株を売却しようとしていることを知る。

第8話「ファミレスの密会~仕事、恋、揺れる感情」

しろくまハウジングが外資系ファンド・マディソンパートナーズに買収されてしまった。その責任者な何と最近親しくなったばかりの大史だとわかり、とわ子は驚がく。大史はビジネスとプライベートは別だと言い…。

第9話「遂にクライマックス!最後の決断・幸せの行方」

ビジネス上は敵対関係にありながら、心を通わせるとわ子と大史。やがて大史は自由に生きることを選び、マレーシアの会社に転職することを決断。そして、現地でとわ子の才能も活かせるとして、プロポーズする。

第10話「最終回…なのに新たな恋!?」

4度目の結婚には踏み切らず、ひとりで生きていく道を選んだとわ子。また、しろくまハウジングも買収前の平穏な日常を取り戻していた。ある日、「オペレッタ」でとわ子は初恋の相手・甘勝岳人と偶然再会し…。

キャスト

脚本:坂元裕二
出演:松たか子、岡田将生、角田晃広、松田龍平、市川実日子、高橋メアリージュン、豊嶋花、石橋静河、石橋菜津美、瀧内公美
公開日:2021年04月13日
製作年:2021年
製作国:日本

【全10話】

タイトルとURLをコピーしました