アーカイブ81

アーカイブ81

損傷したビデオテープを修復する仕事を引き受けたアーキビストは、行方不明になっている映像作家と危険なカルト集団をめぐる怪しい謎に引き込まれていく。

ファウンドフッテージ×カルト×超常現象の組み合わせのホラー作品で、この手の作品を見慣れている人からすれば新鮮さにやや欠ける内容ではある。ジャンルの肝を抑えた堅実な作品ではあるものの、テンポが鈍重なため退屈な時間が続く。

謎のVHSビデオのデジタル復元を高額な報酬で依頼されたダン。
数十年前にある女性が撮影したそのビデオにはカルト集団の儀式が映っており、ダンの身の周りにも怪現象が起き始める。
カルト集団が信仰している悪魔?邪神?の影響で時空が歪み、不定期ではあるが撮影者であるメロディとダンが会話できるようになる。
ダンが生きている時代には既にメロディはカルトの儀式による火災で亡くなっており、ダンは彼女を救おうとする。

ストーリー・作品情報

第1話「ミステリー・シグナル」

謎めいた会社からビデオテープの修復を依頼されたダン。作業を進めるうち、そのビデオの撮影者が今は亡き自分の家族と接点をもっていたことがわかる。

第2話「ウェルスプリング」

ヴィッサーの調査を続けるメロディの行動を追うダンは、死者の声を聞く。映像を確認するダンを誰かが監視する一方、地下に眠る秘密が明らかになる。

第3話「テラー・イン・ザ・アイルズ」

かつて自分の話を聞いてくれたスティーブンのもとにジェスを連れていくメロディ。真相を確かめに行くマーク。現在の状況を整理しようとするダン。

第4話「魂を受け取る者たち」

森の中で思わぬ光景を目にするダン。録画された映像から、カルトに関する情報をつかんだメロディが、霊媒の口から聞いた驚くべき言葉が明らかになる。

第5話「鏡の国」

過去と現実の境界があいまいになる中、アナベルを捜して禁じられた6階に足を踏み入れたメロディは、音楽に導かれるように衝撃の事実にたどりつく。

第6話「ザ・サークル」

前任者がどうなったかを知るダン。ヴィッサーを襲う脅威の根源を突き止めようとするメロディ。邪悪な力は時をこえて広がり、2人を追い詰めていく。

第7話「渡し守」

呪われた映画の起源が明らかになる。1924年、ヴォス邸で開かれたある儀式にローズを参加させるアイリス。アナベルに会いにいく決意をするダン。

第8話「もうひとつの世界」

アザーワールドの扉が開こうとする中、ヴィッサーに戻るメロディ。儀式の様子が再びカメラに収められる。危険を冒し、未知の世界に飛びこむダン。

製作総指揮:ジェームズ・ワン、レベッカ・トーマス、レベッカ・ソネン、シャイン、ポール・ハリス・ボードマン
監督:レベッカ・トーマス、ハイファ・アル=マンスール、ジャスティン・ベンソンアーロン・ムーアヘッド
出演:マムドゥ・アチー、ディナ・シハビ、エヴァン・ジョニカイト、マット・マクゴリー、マーティン・ドノヴァン、ジュリア・チャン、アリアナ・ニール
脚本:エヴァン・ブライワイス、ボバク・エスファルジャーニ、レベッカ・ソネンシャイン、ポール・ハリス・ボードマン
原題:Archive 81
公開日:2022年01月14日
製作年:2022年
製作国:アメリカ

タイトルとURLをコピーしました