ムーンライト・シャドウ

ムーンライト・シャドウ
この世界的ベストセラー小説の映画化を待っていた──。

主人公・さつきを演じるのは、小松菜奈。作品ごとに圧倒的な演技力を発揮し開花し続ける彼女にとって、初の長編映画単独主演となる。さつきの恋人・等役には、役者として目覚ましい活躍をみせる宮沢氷魚。

そして監督は、以前から原作ファンだったというマレーシア出身のエドモンド・ヨウ。これからのアジアを牽引するフレッシュかつ実力あるキャスト・スタッフが集結し、ニュー・アジア・フィルムが誕生した。人は、愛する者を失った時、どうやってその喪失感を乗り越えていくのだろうか。

「ムーンライト・シャドウ」で描かれるのは、さつきと等の純美な恋愛、現実と幻想の狭間のような優美な世界観、そして哀しみを受け止めて力強く生きていこうとするヒロインの姿。すべての人の心に沁みる、心を揺さぶる、「さよなら」と「はじまり」のラブストーリー。

恋人の突然の死に向き合うことができず、深い哀しみに打ちひしがれるさつきは、以前耳にした“月影現象”に次第に導かれていく。それは、満月の夜の終わりに死者ともう一度会えるかもしれない、という不思議な現象だった……。

吉本ばななの原点とも言える名作ラブストーリーが 33 年の時を経て遂に映画化。

ムーンライト・シャドウ

ムーンライトシャドウは、キッチンの中に収録されてる中編小説。学校の方針で課題として本を毎テストごとに何冊か読まなきゃで、結局かなりの書籍と出会ったけど、いまだに忘れられないのがこのキッチン。

ムーンライトシャドウが映像化されるって聞いて、めちゃくちゃ楽しみすぎて、しかも小松菜奈に宮沢氷魚!!キャスティングが素晴らしすぎる。柊くんは、読んだ当時では、吉沢亮だとばかり考えておりました。セーラー服着た喪失した吉沢亮とかたまりませんよね。

さつきと等が、私が思っていた2人で嬉しかったんですが、やっぱり納得がいかないのが、高校の思い出がでてこなかったところ。さつきが等にあの鈴を渡した後、丁寧にハンカチに包んでしまう等くんに恋心を抱いたってところがめちゃくちゃ好きだったのに…

キャスト

監督:エドモンド・ヨウ
出演:小松菜奈、宮沢氷魚、佐藤緋美、中原ナナ、吉倉あおい、中野誠也、臼田あさ美
脚本:高橋知由
原作:吉本ばなな
上映日:2021年09月10日
製作年:2021年
製作国:日本
時間:92分


【動画】

タイトルとURLをコピーしました