ジュマンジ:ウェルカム・トゥ・ジャングル №2



そして、リアルゲームの中に入ったメンバー。

選択したキャラクターに変身し、ジャングルの中に到着した(セクスィー博士のブレイブ・ストーン)=スペンサー。

ここには、どうやって来たのかと思いながらも、

自分の声が違うことに気づき、さらにビックリ、そして、頭を触るも、髪の毛が無い・・・。

何気に、自分の体を見てビックリ!リアルの自分には無いムキムキな筋肉。

男性フェロモンムンムン体型になっているではないですか。

これが、セクスィーといわれる由縁だったのかと。

そして、次々と空から降って来るかのように、リアルゲームの中に入って来たメンバー。

(不死身小僧のフランクリンフィンバー)=フリッジに気付いたスペンサー。

その、フリッジに覆いかぶさるかのように、入って来た、(シェリー・オベロン教授で、放漫ボディー)=ベサニー。

そして、(ルビー・ランドハウス)=マーサ。

それぞれ、選択したキャラクターに変身してのゲーム IN。

中でも、可愛いさを意識し続けていたベサニーが選択していたキャラクターが、なんと、ぽっちゃりおじさん!

自分の姿をまさかと、水面で確認し、絶叫してしまう。

手放したことが無い携帯が手元にない事もさておき、何より、人一倍容姿を気にしていたベサニーにとって、決してステキなキャラクターとは言えない姿になってしまって、騒いでいた。

その背後の水面が突然!盛り上がったと思いきや、大~きなカバがベサニーに襲いかかり、食べられてしまう!

それを見ていたメンバーは、一瞬の出来事に唖然・・・。

すると”ピコン”と音がして、食べられたはずのベサニーが空から落ちて来た。

不思議な出来事にどうなってるんだとばかりにアタフタしているうちに、又もやカバが!!

それに気づいたマーサは、皆に気づかせる。が、一目散に逃げるスペンサー。

あちらこちらに、カバと遭遇するジャングル。

どこに行けば良いか彷徨うメンバーの前に、突然走って来たジープ。

その車の中の人は、ようこそジュマンジへと車に乗るように歓迎をする。

スペンサーが選択したキャラクターのブレイブ・ストーン博士を知っているようだ。

どうやら、このジュマンジの案内人のようだ。

自己紹介をし始め、そして、メンバー一人ずつの名前と特徴も知っているようだ。

全て承知していることを伝え、ここで何をすればいいかをメンバーに伝える為に登場した人物という事もここで理解できた。

いよいよ本題に入ります。

案内人が言うには、ジュマンジは、危機に瀕している。

そして、この呪いを解いてもらいたいと。・・・

ブレイブ・ストーン博士の、現在の敵である、ラッセルバン・ベルト教授に雇われて命がけの探検をした事が始まりだったことを
説明し始める。

その命がけの探検は、伝説のジャガーの神殿の調査を依頼された事と。

そこには、ジュマンジの聖なる宝石が眠っている場所だった。何年もの調査のお陰で、ついに在り処を発見した。

そして、聖なる宝石を見つけ出し、その事を文献にまとめたいのだと。それを信じていたのに、ただの私欲の為だけの偽りの依頼だった。と・・・

ラッセルバン・ベルト教授は、宝石に呪われていたのだと。

その神殿のジャガーに埋まった宝石を奪ったものは、呪われることを知らなかったようだ。

バンベルト(ラッセルバン・ベルト)は、ジュマンジの生き物達を支配下におき、所有し、コントロールした。

そしてこの穏やかな土地に呪いがかけられたと。

宝石を戻すように訴えたが聞き入れてもらえない。

手に入れた宝石を手放そうとはしなかった。

そこで、皆が寝静まるのを待ち、宝石を奪い取った。

その宝石がこれです。と手渡される。

この宝石をもとのジャガーの眼にに戻してください。

呪いが解けますと。

すぐにとりかかった方がいいと言われるが、スペンサーは、そんな勇気も度胸も無いし、厄介なことに巻き込まれたくなさそうに
お断りしようとする。

が、グッドラック!

ジュマンジの運命は、あなたに掛かっていると。押し付けられる。

ゴールの仕方を覚えておくように言われる。

宝石返して解こうよ呪い。

ゴールするにはこの世を救い、叫ぶよその名をジュマンジと。

グッドラック!ジュマンジの運命はあなたに掛かっています。

そして、強制的に車を下ろされる。

ここから先が本当のゲームの開始なんだと。

最後に、案内人が、ジュマンジの地図を手渡し、市場に行って欠けたピースを探すように言い。

チャオと去っていく。

メンバーにとって、欠けたピースとは何の事かと問いたかったが、そそくさと、立ち去る案内人。

ジャガーの塔まで載せてけという言葉も案内人には届かず。

とりあえず、市場に行って、欠けたピースを見つけて、ジャガーの塔に行って宝石を返す。

簡単よとマーサ。

ゲームなんか終わらせよう。と、普通に帰らないのかと、ベサニー。

ゲームは、ゴールしないと終わらないんだよとスペンサー。ジュマンジを救わなくてはいけない試練なんだと。

そう言い放ったスペンサーの後姿を見て、セクスィーさを感じたベサニーが呟く。やだ、男って感じじゃん・・・。と

しかし、スペンサーの本音は、泣いちゃあだめ泣いちゃあだめと泣きたい気持ちを隠していた。

ここ病気の菌がウジョウジョだよ。と、外見と中身のギャップで笑いを誘うシーン。

気弱なスペンサーの薄情さと、軟弱な肉体とうって変わってのセクスィー博士に成り代わっている姿は、メンバーに錯覚をもたら
し始めていた。

外見は、男らしいスペンサー、この冒険をきっかけに、中身も、男らしく変われるのでしょうか!

ではここで一旦終わります。

そして、次回は、ゲームを終わらせる為の冒険が始まるところからにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました