氷がすべてを隔てても

氷がすべてを隔てても

1909年、アイナー・ミケルセン隊長 (ニコライ・コスター=ワルドー) 率いるデンマークの北極探検隊は、アメリカのとある主張を覆そうと企てます。その主張とは、グリーンランドが2つの島に分かれているという前提で、北東部は自国の領土だとするもの。ミケルセンは仲間を船に残し、まだ経験の浅い隊員アイバー・アイバーソン (ジョー・コール) と共に、氷の上を縦断。やがて2人はグリーンランドが1つにつながった島である証拠を見つけ、船に戻ろうとしますが、想定外の苦難に足止めされます。極限の飢えや疲労、そしてホッキョクグマの襲撃を乗り越える2人。しかし、やっとの思いで辿り着いた先に仲間の姿はなく、船は氷の合間で見るも無残に破壊されています。救助されることを願い、2人は生き延びるすべを探しますが、白夜で日が長くなるにつれ正気が失われていき、不信の念や被害妄想が膨らみ、負のスパイラルにはまっていきます。「氷がすべてを隔てても」は、実話に基づく友情と愛、そして仲間との尊い絆を描く物語です。

使命があるときはそれに向かって精神を保てる。しかし、それを失い極限状態におかれた人間がどうなってしまうのかを目の当たりにした。
アイスランドを守り抜いた2人。

キャスト

監督:ペーテル・フリント
出演:ニコライ・コスター=ワルドウ、ジョー・コール、ハイダ・リード、チャールズ・ダンス、ギースリ・エルン・ガルザルソン、サム・レッドフォード、エド・スペリーアス
脚本:ニコライ・コスター=ワルドウ
原作:アイナー・ミケルセン
原題:Against the Ice
製作年:2022年
製作国:アイスランド、デンマーク
時間:103分

【動画】

タイトルとURLをコピーしました