ハウス・オブ・グッチ

ハウス・オブ・グッチ

貧しい家庭出身だが野心的なパトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ)は、イタリアで最も裕福で格式高いグッチ家の後継者の一人であるマウリツィオ・グッチ(アダム・ドライバー)をその知性と美貌で魅了し、やがて結婚する。しかし、次第に彼女は一族の権力争いまで操り、強大なファッションブランドを支配しようとする。順風満帆だったふたりの結婚生活に陰りが見え始めた時、パトリツィアは破滅的な結果を招く危険な道を歩み始める。

前作『最後の決闘裁判』も好評だった巨匠リドリー・スコット。本作は、ファッションブランドの元祖とも言えるGUCCI一族の崩壊を描く、実話を基にした作品だ。始まりは、創業者の孫であるマウリツィオとその妻となるパトリツィアの出会いから。当初は一族経営に興味がなかったマウリツィオだが、パトリツィアが後押し、ついにはグッチの社長に就任する。一族経営も3代目の時代になると結束は崩れ、パトリツィアの口出しを許すようになっていたのだ。しかしそれは思わぬ結果を生んでいく。スコット監督は本作を、ソープオペラのように戯画的で描き、長時間ながらまったく飽きさせずに描いている。また、レディー・ガガ演じるパトリツィアを単なる悪女ではなく、男社会や上流階級に切り込んでいくピカレスクロマンとして描いているのもいい。豪華な脇役陣も見もの。

キャスト

監督:リドリー・スコット
出演:レディー・ガガ、アダム・ドライバー、アル・パチーノ、ジャレッド・レトー、ジャック・ヒューストン、ジェレミー・アイアンズ、サルマ・ハエック、カミーユ・コッタン
脚本:ベッキー・ジョンストン、ロベルト・ベンティヴェーニャ
原作:サラ・ゲイ・フォーデン
原題:House of Gucci
上映日:2022年01月14日
製作年:2021年
製作国:アメリカ
時間:159分

タイトルとURLをコピーしました