底知れぬ愛の闇

ニューオーリンズに暮らす裕福な夫婦のヴィックとメリンダの関係が、恨みや嫉妬、不信感の重圧によって崩壊していき、2人の間で駆け引きや心理戦が積み重ねられていくなかで、やがてメリンダの不倫相手が行方不明になる。それをきっかけに、物語は命を懸けたゲームへと展開していく。

「太陽がいっぱい」「リプリー」で知られる文豪パトリシア・ハイスミスの同名小説を、「アルゴ」「最後の決闘裁判」のベン・アフレックと「ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密」「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」のアナ・デ・アルマスの共演で映画化したエロティックサスペンス。

「運命の女」「危険な情事」など同ジャンルの名作を数多く生み出してきたエイドリアン・ライン監督が、約20年ぶりにメガホンをとった。

ニューオリンズを舞台に裕福だが愛のない結婚生活をつづける夫婦の心理的駆け引きと周囲でおこる異変を描きだす。本編で夫婦のむすめが歌唱するイヤイヤよーでお馴染みの「ゆかいな牧場」が脳裏に焼き付いた。まずベン・アフレックとアナ・デ・アルマスによるW主演の心理スリラーで、COVID-19による影響で世界的に配信公開という扱いが、勿体ないほどの重厚な濃度があった。また不倫をオープンとするアルマス演じる妻のフツウでは考えれない異様さと魔性性が、夫や周囲を巻き添えに事態を複雑にする。

キャスト

監督:エイドリアン・ライン
出演:ベン・アフレック、アナ・デ・アルマス、レイチェル・ブランチャード、トレイシー・レッツ、リルレル・ハウリー、フィン・ウィットロック、ダッシュ・マイホック、ジェイコブ・エローディ、クリステン・コノリー
脚本:ザック・ヘルム、サム・レヴィンソン
原題:Deep Water
公開日:2022年3月18日
製作年:2022年
製作国:アメリカ、オーストラリア
時間:153分

タイトルとURLをコピーしました