マーズ

マーズ

遠くない未来、人類は火星の開拓を開始。地球を捨てた移住者たちは各自の居住地《コロニー》を作り、生活を営んでいた。ある日、辺境のコロニーに住む3人の家族が何者かに襲われる。激しい戦闘で父親は死に、母のイルザと幼い娘のレミは生き残った。襲撃者はジェリーと名乗り、そのコロニーは元々自分の家族の物だったという。そして、2人もそこで暮らしてもよいと。だが、イルザはジェリーを撃とうとして、逆に殺されてしまう。残されたレミは、ジェリーと2人で生きてゆくしかない。友達は、スティーブと名付けたロボットだけ。そして月日が流れ、レミは美しい娘に成長するが……。

地球は人間の戦争が原因で環境が破壊されたのかな?なぜ地球から避難してきたのか淡々と説明少なく進むストーリー。全てのことが明確にかかれていないところが想像力をかきたてられてよかった。

戦争が加速して住めなくなるまで改めない人類、火星で協力して生きればいいものを家を奪って殺しあう。最後の最後、種の存続にかかわる問題になるまで争い続ける人類はおろかだな。

終わり方が好きではなかった。
おっさんと女の子は最終的に和解して子供を作って子孫を増やして欲しかった。

ロボットはなぜ女の子を助けたのか。

キャスト

監督:ワイアット・ロックフェラー
出演:ソフィア・ブテラ、イスマエル・クルス・コルドバ、ブルックリン・プリンス、ネル・タイガー・フリー、ジョニー・リー・ミラー
制作:ベン・ピュー
脚本:ワイアット・ロックフェラー
音楽:ニティン・サウニー
原題:SETTLERS
上映日:2022年02月04日
製作年:2021年
製作国:イギリス、南アフリカ共和国
時間:104分

【動画】

タイトルとURLをコピーしました