サイレント・ナイト

サイレント・ナイト

クリスマスの日、ネルとサイモンは子供たち(アート、ハーディ、トーマス)の友人及びその両親を招いてパーティーを主催するのを常としていた。今年もまたパーティーを開くことにした2人だったが、いつもと違うことが1つだけあった。猛毒ガスによる人類滅亡の瞬間が間近に迫っており、イギリス政府はガスを吸う前に自殺を図るよう国民に奨励していたのである。出席者一同が死の覚悟を決める中、アートだけはその状況に疑問を抱き始める。

自分だったら誰と過ごしどう決断するだろう。そう思いながら鑑賞した。この世界になり受け入れる事が出来るだろうか。いや、受け入れるしかないのだが・・。
また、人が多く集まった方が混乱を招くように思えたし、自分だったら1人で過ごし決着するかなあとか思いながらも劇中でもあるように、「さよなら」を、「ありがとう」を言っていないと後悔を口にするシーンに共感もした。
登場人物達の様に騒ぎ、学生時代の思い出話に花を咲かせ、時が来たら決断するのも個々に委ねられる。

今の世の中、曖昧な情報や正確な情報が飛び交う中、印象操作や集団心理が判断を鈍らせる様に思う。

キャスト

監督:カミラ・グリフィン
出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、ローマン・グリフィン・デイビス、アナベル・ウォーリス、リリー=ローズ・デップ、カービー・ハウウェル・バプティスト、ルーシー・パンチ、トルーディ・スタイラー、ホリー・エアード、ソープ・ディリス、ルーファス・ジョーンズ
音楽:ローン・バルフ
製作:マーヴ・スタジオ、 メイヴン・ピクチャーズ、 エンデバー
撮影:サム・レントン
原題:Silent Night
上映日:2022年11月18日
製作年:2021年
製作国:イギリス
時間:90分

タイトルとURLをコピーしました